よくあるご質問
Cカードって何ですか?
海の中へのパスポート。または潜るための免許証だと思ってください。普段行けない非日常の世界だからこそ魅力もあれば知らないことも多い。海の中を楽しく安全に過ごすために必要な知識、技術を習得した証になるものです。一度取得すれば一生使えますし、海の中という遊び場を加えることができますよ
指導団体って何ですか?
ダイビングを安全に、ということを元にルールやカリキュラムを考えたり、教科書を作ったり 等々。 ダイビングの土台的な存在です。ここからの指導を元に各お店でスクールが行われているわけです。団体もいくつかあり、それぞれ少し違いはありますが、それほど大きな違いはないので団体を気にすることはないと思います。楽しそうなお店ではじめましょう。
一人での参加も大丈夫ですか?
やっぱり不安ですよね。一人って。ダイビングもダイビングショップも分からないことだらけだし。でも、ほんの少しだけでいいので勇気を出して一歩踏み込んでみてください。当店にはお一人で参加した方がたくさんいらっしゃいますが、今はダイビングを通じて新しい友達もできています。気になるのは最初だけで始めてみると意外に大丈夫なものです。 お一人でも大歓迎です。
冬場でも大丈夫ですか?
寒い!というイメージは仕方ありません。 水が入らないスーツを着るので大丈夫なんですが、「全く寒くない!」と言えば嘘になります。でも寒いのは水中より実は水から上がった時。 水中は一年で一番きれいになるのが冬なのでとても癒されます。みんなで「寒い~」とか言いつつも、「海きれいだった~」とか言いながらワイワイやっています。
水が苦手、泳げない・・・
泳げるにこしたことはございませんが、水が苦手・・・泳げない・・・。それだけでダイビングを始めないのはもったないなさ過ぎます。泳ぎが苦手な理由の多くは「息継ぎができない、息苦しい」という声をよく聞きます。ダイビングはスノーケルやレギュレーターといった道具で簡単に呼吸できるので息継ぎは不要なのです。ただ水に対して苦手意識がある方はインストラクターに伝えていただければ、ゆっくりじっくりレクチャーさせていただきます。 ダイビングを始めてから泳げるようになった方も意外に多いのです。
平日しか休みがないのですが・・・
ご安心ください。 当店ではゲストの休みに合わせて、お一人様でもツアーを開催しています。参加人数によって料金が変動することもありませんので、行きたいと思った日に行きましょう!
目が悪いのですが、コンタクトでも大丈夫ですか?
大丈夫とは言い切れません。というのもコンタクトをつけたまま海に入ると、水中メガネに水が入ってしまった時に流れていったり、コンタクトと目の間に海水がたまって感染症を引き起こしたりと、リスクもあるんです。始めは度の入った水中メガネのレンタルもあるんですが、なるべく早い段階で自分に合った物を用意できるのが一番いいです
ダイビングができない病気はありますか?
いくつかはありますが、気をつけていれば問題がない場合もあります。申込の段階で健康状態のチェックをし、必要であれば医師の診断を受けていただきます。 医師に大丈夫と判断されればダイビングは可能です。
Cカード取得後はどうすればいいですか?
カードは取ったけど、取っただけ。どうしたらいいんだろう?という方を増やしたくないのが当店の考えでもあります。 ですので取得後の遊びとしては地元・福岡の海をはじめ九州中の海を潜り倒しましょう! その他沖縄、海外ツアーなどたくさん企画しています。またどんな風に遊んでいきたいか話をしたりして、その方に合ったペースや遊び方を一緒に考えさせてもらいますよ。 潜ることのできる海の幅を広げてもっともっと自由に遊んで行きたい方にはライセンスのステップアップがおすすめです。
器材は揃えないといけないですか?
揃えないといけないという義務はありませんが、ダイビングはレンタルでも自分の物でも、道具に依存する、または命を預けることが他のレジャーに比べて高い方だと思います。 レンタルの場合はサイズが合わない場合も少なくないので、自分に合った物で遊ぶことがベストではあります。 当店では自分の物が欲しいと思った方に揃えていただいております。 ここで、ダイビングで使用する器材の紹介をしておきます。 大きく分けて軽器材、重器材、スーツというふうに分かれます。 <軽器材>
マスク 水中で物を見るための物。 これが無いと水中の世界をはっきり見ることができません。
スノーケル 水面を泳いだり、スノーケリングをする時に使う水面で顔をつけたまま呼吸するための物です。
フィン 推進力を得るための物で、素足で泳ぐよりも早く、楽に泳ぐことができます。脚力によって種類があります。
グローブ 手の保温や保護のために使用します。
ブーツ 足の保温、保護のために使用します。 これが無いとはけないフィンもあります。
メッシュバッグ 器材を入れておくバッグです。
<重器材>
BCD ライフジャケットのような形をした、浮き袋のような物で空気の出し入れが可能です。これを使って浮いたり沈んだりします。
レギュレーター 水中での呼吸源です。
オクトパス 予備の呼吸源です。 空気が無くなってしまった人にあげたりします。
コンソールゲージ 水中での情報源で、残りの空気の量や方角等を知る事が できます。
ダイブコンピューター 同じく情報源ですが、水深や水温、潜水時間等を知る事ができます。安全潜水のためには必須です。
<スーツ>
ウエットスーツ 体の保護、保温のために着ます。暖かい海や季節に使用します。
ドライスーツ 体の保護、保温のために着ます。 主に冬場など寒い季節に使用します。スーツ内は濡れません。
空気がこなくなったらどうしよう・・・
ダイビング中、急に空気がなくなり呼吸ができなくなることはまずないです。 タンク(ボンベ)の中の空気の量は残圧計と呼ばれるものに常に表示されており水中で頻繁に確認をしながらダイビングをします。万が一器材が壊れてしまっても、ダイビングは必ず2人以上で潜るルールがあるので、壊れたときは一緒に潜っている人の予備の呼吸源をもらうルールになっております。 きちんとした講習を受講していれば不安はなくなります。
耳抜きができにくいのですが・・・
体験ダイビングや素潜りなどで耳抜きができなかったという方がおられると思います。 耳抜きは正しい方法がありますので、学科などでしっかりレクチャーを受け、プールでじっくりできるまで練習しましょう。できない人はいませんよ。 絶対ではありませんが、飛行機に乗れる方は問題ありません。
始めるにあたってお金が結構かかると聞いたのですが・・・
確かに本格的に道具などを揃えたりすると高いと感じる人は少なくないでしょう。 ダイビングという遊びはライセンス取得などの「講習費」とダイビング器材などの「道具代」、ライセンス取得後の「ツアー代」などが費用としてかかります。 ダイビングは先行投資に一番お金がかかるのでよく説明を聞いて判断してください。 自分がダイビングで遊んで行くペースや目的などイメージすることが大事でしょう。 一生に1回きりのダイビングなら道具を買う必要もないですが、そのかわり一度揃えてしまえば最初のイメージほどダイビングは高い遊びではないですよ。

ご予約・お問い合わせは、お電話またはメールにて受け付け中!

tel 今すぐお申込み

ダイビングを心から楽しむために。安心への取り組み
安全対策と補償について
1996年創業以来、無事故の実績。
ダイビングは一歩間違うと命を落としかねない危険なスポーツでもあります。
スタッフ一同それを念頭に置き、徹底した安全管理と緊急事態に備えた訓練をしております。
その甲斐あって、1996年創業以来、延べ5万人の方を天草の海へご案内しましたが、
現在まで無事故の実績を誇りにしております。
ダイビングを安全に
●トレーニングについて
不断の努力の成果もあり創業以来無事故を継続しておりますが、 絶対ということがない以上、常に細心の注意をはらっています。定期的に、全社対象の緊急事態シュミレーションをパターン別にトレーニングを実施しています。 また、救急器材の整備補充にも積極的に取り組み、その充実をはかっています。

●保険と補償について
ダイビング関連では、インストラクター賠責・スタッフ管理下傷害・ レンタル器材賠責・預り器材賠責・海洋施設賠責に加入しています。施設等では、ダイビングショップ施設賠責・保管器材賠責・車両関係任意保険・飲食品賠責等に加入し、あらゆるトラブルをカバーしています。